ウィンドウ撥水コート

ウィンドウ撥水コート

ウィンドウ撥水コート

雨降りの運転で視界が見えづらい、そんな経験は誰もがお持ちのはずです。 そんな時、もっと視界が良くなればと思っても、雨が止んでしまえば、 その視界の悪さもつい忘れがちです。 カービューティ・ファクトリーではいつでもどんな雨でも優雅に運転していただけるよう、 ウィンドウ撥水コートの施工をお勧めしています。 より高い安全運転を考え、撥水コートを備えておきませんか。

 

ウィンドウ撥水剤『ハイパービュー』

カービューティ・ファクトリーではウィンドウ撥水コートにソフト99社のハイパービューを採用しています。 ハイパービューは従来のフッ素系ガラス撥水剤より定着性が高いのが特長で、 長期に渡って撥水力を持続するウィンドウガラス用耐久撥水システムです。 施工時に専用の研磨剤と定着安定剤でガラス面の下地を整えることにより、高い撥水効果と定着性を実現しました。 通常、視界が悪く運転しづらい雨天時でも、 ハイパービューならクリアな視界で安全性も高め、長期間、効果をご実感いただけます。

ウィンドウ撥水剤『ハイパービュー』

施工料金(税込):
フロント・リア ¥15,750〜¥26,250
サイドドア1枚 ¥2,100〜

最大の特長は定着性

最大の特長は定着性

ガラス撥水剤は定着成分と撥水成分を持っています。従来品は反応速度が遅いため、定着成分すべてがガラスと結びつかず、より不安定な状態でガラス面に存在します。
結果、撥水成分が均一にならず、隙間ができやすくなり、その隙間から水が侵入することで水アカやウロコが発生しやすく、耐久性が低下してしまいます。

最大の特長は定着性

一方、ハイパービューは反応速度が速く、より多くの定着成分がガラス面に結びつきやすいので、撥水成分がより緻密に定着します。表面の撥水成分が均一に平滑化されることで水が侵入しにくくなり、高い撥水性と耐久性が得られます。

 

ウィンドウ撥水コート施工行程

01

1.研磨
ガラス研磨剤をつけガラス面の油膜を完全に除去します。

02

2.すすぎ・乾燥
水とマイクロファイバークロスを用い研磨剤を落とし、拭き上げます。

03

3.定着安定剤塗布
専用のクロスで撥水剤の定着安定剤をガラス面に塗布します。

04

4.撥水剤塗布
安定剤を十分に乾燥させたあと、撥水剤をガラス面に塗布します。

05

5.乾燥
赤外線を用いて均一に乾燥させていきます。

06

6.仕上げ
専用のクロスで余剰成分を完全に拭き上げ終了です。

ウィンドウ撥水コート

熱処理することで分子レベルで密着が強まり、 ウィンドウ撥水コートの効果が高くなります。

 

 

 

カービューティ・ファクトリー【長田店】

住所 大阪府東大阪市長田西5-4-11
電話番号 06-6746-8988
0120-678-817
営業時間 9:00〜19:00
定休日 年中無休

 Quartzプレミアムサイトはこちら

Quartzプレミアムサイトはこちら

 クォーツ正規施工店JQC大阪エリア

ジャパンクォーツクラブ 大阪加盟店

 3Mのオートフィルムも各種取り扱っております

3M

 ※各種クレジットカードがご利用いただけます。

各種クレジットカードがご利用いただけます

お問い合わせはこちらから